いい里“すぎひら”つぶ%
2012-07-17 婚活イベント
「婚活」という言葉がすっかり定着してきましたが、すぎひらのような田舎だろうが都会だろうが関係なく、世の中の大勢の方が向き合っている問題。

本人にその気がなくて焦っているのは親ばかりなパターンも多く、親同士のみ(本人完璧にそっちのけ)の婚活パーティーまで増えているというから驚きですが、つぶやき人の周りにいる婚活中の男女も、本人が望んで積極的に活動しているのは半分くらいで、あとは親から泣きつかれて仕方なく・・・なようです。

つぶやき人が今暮らしている近くの小さな町では、通常の婚活パーティーやお見合いイベントだけでなく、婚活目的の若い男女を集めたそば打ち体験イベントを自治体主催で行ったり、参加しやすい工夫をした企画で草食系の男女を集めています。

そんな情報を提供しつつ『杉平百年プロジェクト』代表でもある公一さんへ何度となく提案し続けているのですが、対象者の方々がその気になってくれないと難しそうなのか、一向に話が進みません。

住民が活気づくための楽しいことや環境整備も必要ですが、住む人が増えなくては百年どころか数十年先も怪しくなってしまうので、ぜひとも『百年プロジェクト』の一環として力を入れてほしいところです。

結果は気にせず、住民みんなで楽しむことを最大の目的とし、ついでに何かの間違いで良いご縁があったらラッキー♪的な感じで企画してみるのはいかがでしょう?

先ほど別件で電話をした際、「誰かにお嫁さんが来たとか何か進展はないの?」と公一さんに聞いたら、「うちに来たくらいかな」との返答。

「(公一さんのところへ小説より奇な入り込み方をした)その人は妙齢過ぎて出産の可能性もないし、私が聞いているのは若いお嫁さんの話です!!」と、笑い話で終わってしまいました。

こんな調子では、今年もすぎひらでの婚活イベントは実施されないままになりそうですね。